週7の遅刻生活

休日に読み進めた本やその他おすすめを気楽にご紹介。

「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」」を読んで |【おすすめ】

記事トップのイメージ画像

こんにちは、今回は「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」」を読んでみて、感じたことをまとめます。

本のタイトルが、あまりにも強すぎて勢いで買ったものですが、読むのは早く読み進められますが、読み続けるメンタルがいる内容でした。当時従事されていた方には、お疲れ様でしたと言いたいです。

 30秒簡単紹介

みずほフィナンシャルグループ(FG)が2011年から進めてきた「勘定系システム」の刷新・統合プロジェクトが2019年7月、ついに完了した。 富士通日立製作所日本IBMNTTデータを筆頭に1000社ものシステムインテグレーターが参加したものの、 2度にわたって開発完了が延期になったことから、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで 「IT業界のサグラダファミリア」とまで呼ばれた史上最大級のITプロジェクトだ。 みずほFGは完了までに8年もの年月と、35万人月、4000億円台半ばをつぎ込んだ。 1980年代に稼働した「第3次オンラインシステム」の全面刷新は、 第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合したみずほFGにとって、2000年の発足以来の悲願だった。

(引用:Amazon商品ページ

 

本書の要点3つ をご紹介

1.三十五万人月の巨大プロジェクト

 本書が取り扱っているものは、みずほ銀行の勘定系システム統合における19年間の記録であります。銀行の歴史を見ますと、社会の教科書にもある通り業界編成が大きくありました。それに伴い使用しているシステム(再編時に発生する統合など)改修が必要なります。みずほ銀行が計画した、新システム「MINORI。これは一から構築していこうという計画であり、結果19年におよぶ三十五万人月を経て完成させました。

(人月・・・1人が1ヶ月で遂行できる工数。)

ただ、時代変化が激しい今において、完成させるまでかなりの時間と労力がかかっていたことが感じ取れます。

 

2.震災後の大規模障害

 日本に甚大な被害を与えた東日本大震災。当時私は受験生で大阪にいましたが、机に向かいながら揺れを感じていたことを今でも覚えています。

あの日から3日後、テレビなどのマスメディアは被災地のための義援金を集めるべく、連日募金のお願いを放送しました。すると、多くのお金が銀行に振り込みが殺到することとなり、そこまでは問題がないのですが、その日にこなすことができる上限値を超過し、大規模の障害が発生したのです。 

 利用者には全く罪はないのですが、結果としてシステム担当者が手動で上限超過分の移行作業を行うこととなり、また連日振り込みが発生していたことから対応に追われるという、かなり地獄な障害が発生しました。

本書では、具体的にどういった障害が発生したのか、どう対応したのかまで書かれていますが、読んでいておもわず当時の担当者はちゃんと毎日眠れていたのだろうかと思うばかりです。

 

3.現場まかせが諸悪の根源

読んでいてたしかに感じたのですが、担当者ベースで事が進んでいるものばかりが書かれており(もちろん全てではないと思いますが)、情報の透明性が薄い点が感じられました。これはどこの会社にも当てはまる部分はあるのではないでしょうか。

この苦闘のビッグプロジェクトの反省点として、

情報伝達体制の見直し

データフロー図作成

IT人材強化 

が挙げられておりました。FinTechなどの単語にもある通り時代変化が激しい世の中、どう舵取りをすれば利用者にとって使いやすいものであるか。1つだけの答えではないですが、昔は昔で今と違うことをしっかりと理解してくれる人が多くいる会社が安定的にいくのではと感じます。

 

まとめ

 ビスマルクの言葉で、「愚者は経験から学び、賢者は歴史に学ぶ。」というものがありますが、表現はさておき良い失敗例である内容ではないかと感じました。良い失敗なわけは全くもってないのですが、次につながるものであって、これは銀行システムに限らずビジネスマンにも通ずるものが多々あります。

 例えば、普通にしていれば当たり前のことであるホウレンソウ。報告・連絡・相談。つまり、先を見越してリスクがありそうなことについては事前に相談をしておくこと。問題が発生したらすぐ報告をすること。知っておくべき人には必ず連絡をしておくこと。情報というものは鮮度の高いものが価値があるわけで、このへんが今回の本からはかなり学びとれたものでした。当たり前ですが当たり前がいかに大切か。

 

 今回の本はこちら

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

 

▼「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」」を読まれた方によく読まれている記事です

www.bookblog.info 

www.bookblog.info